page3

    

オモリやヨリモドシを使った流し込みの場合

オモリやヨリモドシを使った流し込みの場合も上図のようになる。特にナイロン糸を使うと極端に言えばAのようになるし、
仕掛けの沈降速度の調整も困難になる。
流し込み釣りに比較的近いのが、中性浮力か微少なマイナスのオモリ負荷を持
った、例えば天
狗ウキを使った釣りのような沈めさぐり釣りというのか、がよく似た発想ではあるが、高価格なウキだそうで、
根掛かり等で紛失する事もあるだろうし、遠投でもしないかぎり必要ないと
思う。なにしろ鈎を結ぶだけに比べれば、仕掛け
が複雑怪奇だしサシエ近くに余分な物がくっ
ついているより、なにもない方が良いように感じる。効果が同等かそれ以上な
らめんどくさく
ない方が良い。

前図、仕掛けの沈み具合の想像図で、潮流の強さ、糸の太さ、鈎の重さ、初期の送り込み回数、糸の素材によって沈み具合
が異なる。海水の比重1.03前後に対しフロロカーボン(比
重1.8)、ポリエステル(比重1.38)、ナイロン(比重1.14)
で通常フロロカーボ
ン系の物を使用する。潮流が特別緩いとか魚が水面近くに浮き上がっているとかの条件や潮流が弱く
フロロカーボンでは仕掛けの沈降速度が速すぎたり、動きの悪い魚に合わせるためサス
ペンド気味にしたい場合は、ポリ
エステルも使えるかも知れない。糸の太さも沈み具合に関わ
る要素の一つで、太いほどよく沈む、距離を流し込めば釣れる
魚種が違ってしまうくらい影響
がある。鈎の重さも、糸に準じて影響があるので、選定は、注意を必要とする。流し込み釣り
は、極端に糸を張らない限り普通に想像するよりも深いタナまで沈む。普通にウキ釣りをしていて適当に流れている位の潮
流なら1.5号で約50〜60mで水深15m程度の海底に届く
し、5号なら約150mで水深35mくらいまで届く。もし根掛り
した場合引っ張って切ると
糸の破断荷重の限度を越えているので、細い糸ほど切断した付近10〜20m位が、うんと弱くな
るので切って使用した方がよい。また当日の喰いの出るタナに合わせるため最初の送り込
み回数(片手いっぱい引き出し
て糸を送り込む)を何回にするか出来るだけ早く見つける必要
がある。誘いは、仕掛けを止めたり引いたりするとどうしても道
具が浮いてタナが浅くなるの
で最小限の回数にする。出来れば前回喰った糸の出距離付近でやったり、故意に作っておい
糸フケが少し走ったり、何か違和感を感じた時に聞き合わせ併用で行う。魚が乗っていなければ速やかに元の位置に
戻して継続する。
潮流が速すぎて、送り込み回数を増やしてもだめな場合、どうしてもグレの見えるタナに届かない場合、
マキエとの同調性が悪くてもサシエが魚の所に行かないと話にならない。この場合
喰いはうんと悪くなるが、鈎から1.5ヒ
ロくらいから上にむかって多段ビシ(5、3、B、
3B、・順次重くなるようにオモリを打つ潮流に合った最小限にする。)にして
、スプール
にブレーキを掛けながら送り込んでいく、このときのマキエは出来るだけ連続した状態になるよう追い打ちを多く
する。途中で止めないで少しずつでも送り続ける。送りが少なかったり止
めるとクチブト、速めに送ると尾長になる傾向があ
る。このとき糸は太めにする。潮に引かれ
て引きが強いことと、コロダイ、石鯛、マダイ、ブダイ類等の大きめの根魚等も来
る事が多い。